テニス 西岡 マスターズ大会で初のベスト8進出

テニス 西岡 マスターズ大会で初のベスト8進出
アメリカで行われているテニスのマスターズ大会は15日、3回戦が行われ前日、錦織圭選手を破った23歳の西岡良仁選手が世界ランキング38位のオーストラリアの選手にストレート勝ちし、マスターズ大会で初めてベスト8に進みました。
世界77位、23歳の西岡選手はアメリカのシンシナティで行われている四大大会に次ぐ格付けのマスターズ大会の2回戦で、世界5位の錦織圭選手を破り、自身初の3回戦に進みました。

そして15日の3回戦では世界38位、オーストラリアのアレックス・デミノー選手と対戦しました。

第1セットは競り合う展開となりましたが、西岡選手は軽快なフットワークで相手を上回り、ネット際のボールを粘り強く拾ってポイントを重ねるなど、このセットを7ー5で取りました。

第2セットでは、トップスピンのかかったフォアハンドの鋭いショットなどで主導権を握って6ー4で取り、西岡選手はセットカウント2対0のストレートで勝って、マスターズ大会で初めてベスト8に進みました。