中国「香港問題は内政問題」米側に反発

中国「香港問題は内政問題」米側に反発
k10012037301_201908160444_201908160447.mp4
混乱の続く香港情勢をめぐってアメリカのトランプ大統領がツイッターで中国に対し人道的な対応への期待を示したことに関連して、中国外務省は「香港問題は中国の内政問題だ」として、改めてアメリカ側に反発しました。
アメリカのトランプ大統領は14日、ツイッターに、米中の貿易交渉について、「当然、中国は取り引きを望んでいる。だが、まずは香港について人道的な対応をしてもらおう」と書き込みました。

これに関連して、中国外務省の華春瑩報道官は、15日夜コメントを発表し、「香港の問題は完全に中国の内政問題だ」として反発しました。

そのうえで、トランプ大統領が過去に「香港は中国の一部であり、この問題をみずから解決すべきだ」などと述べていたと指摘したうえで、「アメリカの有言実行を期待する」と述べています。

中国政府は、アメリカの政治家が香港の抗議活動を背後であおっているとして、内政干渉をやめるよう再三求めていて、改めて、こうした立場を強調した形です。

トランプ大統領「習主席が抗議活動の人と会えば解決」

一方、トランプ大統領は15日、ツイッターに「習近平国家主席が直接、抗議活動を行っている人たちと会えば、香港の問題は適切によい形で解決するだろう。間違いない!」と書き込み、事態収拾に向けた中国の対応に改めて期待感を示しました。