プロ野球 パ首位 ソフトバンク 楽天に敗れ連勝ストップ

プロ野球 パ首位 ソフトバンク 楽天に敗れ連勝ストップ
プロ野球はパ・リーグの3試合が行われ、首位のソフトバンクは3位の楽天に敗れ、連勝が「6」で止まりました。
楽天対ソフトバンクは楽天が延長11回、4対3でサヨナラ勝ちしました。
楽天は2対3と1点を追う8回に、ウィーラー選手のタイムリーで追いつきました。さらに延長11回、1アウト満塁で銀次選手がタイムリーを打って、サヨナラ勝ちしました。
ソフトバンクは7回に勝ち越しましたが、リリーフ陣が粘れず、連勝が「6」で止まりました。

西武対オリックスはオリックスが20対8で勝ちました。
オリックスは2回、ロメロ選手のソロホームランから一挙、7点を先制しました。3回にもロメロ選手の15号満塁ホームランなどで5点を追加しました。オリックスは今シーズン最多の20本のヒットで20点を挙げ、連敗を「4」で止めました。先発の張投手は5回4失点で2勝目です。
西武は球団最悪に並ぶ20点を奪われ、連勝が「5」で止まりました。

日本ハム対ロッテはロッテが6対0で勝ちました。
ロッテは2回、満塁のチャンスに荻野選手の走者を一掃するタイムリーツーベースで3点を先制しました。その後も打線は平沢選手の2本のタイムリーなどでリードを広げました。先発の佐々木投手は5回無失点で今シーズン2勝目を挙げ、ロッテは3連勝で勝率を5割に戻しました。
日本ハムは打線もヒット4本と投打に精彩を欠いて、9連敗となって5位に転落です。