NYダウ平均株価 値上がりで始まるも不安定な値動き

NYダウ平均株価 値上がりで始まるも不安定な値動き
前日にことし最大の値下がりを記録したニューヨーク株式市場のダウ平均株価は15日、値上がりして取り引きが始まりました。ただ、買い戻しの動きは力強さに欠け、一時、値下がりに転じるなど、不安定な値動きが続いています。
前日、長短金利の逆転から、ダウ平均株価は800ドルという、ことし最大の値下がりを記録しましたが、この日は朝方発表された先月の小売り統計が好調な内容だったことなどから、値上がりして取り引きが始まりました。

しかし世界経済減速への懸念は依然、根強く、取り引き開始から10分ほどで、一時値下がりに転じるなど、不安定な値動きが続いています。

市場関係者は「世界経済減速への懸念から、リスクを避けようという動きが強まっていて、買い戻しの動きも力強さに欠けている。米中の貿易摩擦をめぐっても、中国が報復措置の検討を表明しており、株価は不安定な動きを続けるのではないか」と話しています。