台風10号 関東甲信 16日にかけ局地的に非常に激しい雨のおそれ

台風10号 関東甲信 16日にかけ局地的に非常に激しい雨のおそれ
台風10号に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいる影響で、関東甲信では、16日にかけて局地的に非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水、それに高波に警戒するよう呼びかけています。
気象庁によりますと、日本海にある大型の台風10号に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、関東甲信でも局地的に雨雲が発達しています。

午後8時までの1時間には、国土交通省が神奈川県清川村に設置した雨量計で61ミリの非常に激しい雨を観測しました。神奈川県の山沿いでは、降り始めからの雨の量が200ミリを超える大雨となっているところがあります。

関東甲信では16日の明け方にかけて、局地的に雷を伴って1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降って、大雨となるおそれがあります。

16日夕方までの24時間に降る雨の量は、関東北部や甲信を中心に多いところで250ミリと予想されています。

風の強い状態も続き、16日にかけての最大風速は、関東南部の海上と伊豆諸島で18メートル、甲信で15メートルで、最大瞬間風速は30メートルに達すると予想されています。

波もうねりを伴って高くなり、16日にかけては伊豆諸島で6メートルの大しけが、関東南部で5メートルのしけが予想されています。

気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、川の増水、高波に警戒するとともに、強風にも十分注意するよう呼びかけています。交通機関にも影響が出るおそれがあり、注意が必要です。