クマが台所に侵入し荒らす 1人暮らしのおばあさん無事 岩手

クマが台所に侵入し荒らす 1人暮らしのおばあさん無事 岩手
15日未明、岩手県花巻市の住宅にクマが侵入し台所が荒らされました。この家に住む1人暮らしの87歳のおばあさんは、クマに気付いて隣の家に逃げ無事でした。
警察や花巻市によりますと、15日午前0時半ごろ、花巻市鉛の住宅にクマが侵入しました。
家には、87歳のおばあさんがひとり暮らしです。
台所の流し台の前にクマが立っているのを見つけたおばあさんは、隣の家に避難し、無事でした。

その後、おばあさんは、15日朝5時ごろになって家に戻りました。

台所にあった鍋や炊飯器がひっくり返されていました。
残飯や魚の煮付け、リンゴなども食べられていました。窓にはクマの手の跡が残っていて大人とみられています。

おばあさんは「きのうの夕方にもクマが鍵がかかっていない扉を開けて家に侵入した。爆竹を使い、追い払った」と話しているそうです。

花巻市や地元の猟友会は同じクマが相次いで侵入したとみています。周辺にわなを仕掛けたほか、パトロールをして警戒に当たっています。現場は、山あいの集落でクマの目撃情報が多い地域です。