和歌山 広川が氾濫危険水位を超える

和歌山 広川が氾濫危険水位を超える
和歌山県中部を流れる広川は、広川町にある新広橋観測所で午後6時30分に「氾濫危険水位」を超えました。

このため、和歌山県は、「氾濫危険情報」を出し、浸水被害の危険が高まっているとして警戒を呼びかけています。