アニメ映画「この世界の片隅に」連続上映1000日超に

アニメ映画「この世界の片隅に」連続上映1000日超に
戦時中の広島や呉を舞台にしたアニメーション映画「この世界の片隅に」の公開開始からの連続上映が1000日を超え、終戦の日に合わせた特別上映のあと、片渕須直監督が戦争について想像することの大切さを訴えました。
映画「この世界の片隅に」は、戦時中の広島や呉を舞台に厳しい生活の中でも明るさを忘れない主人公の女性と家族の日常を描いた物語です。

3年前、平成28年11月の公開開始から途切れることなく上映が続く異例のロングランとなり、1007日となった終戦の日の15日、東京 新宿の映画館で特別上映が行われました。

上映のあと、片渕須直監督があいさつに立ち、「昭和19年の8月15日、終戦の日の前の年を思い浮かべてください。その時は日本にはB29が2、3回しか飛んできていない頃でした。そこからの1年間で、空襲で250万人くらい亡くなります」と説明したうえで、「きょうから戦争が終わるまで1年もあります。想像してみてください。そうやって期間を考えるといろんなことを実感できると思います」と呼びかけていました。

映画を見た18歳の女性は「このすばらしい作品がずっと続いていけばと思います。私は戦争を知らない世代ですが、私たちや次の世代にも思いをしっかりと受け継いでいかなければならないと感じました」と話していました。

「8月以外も戦争は続いていた」

片渕須直監督は、特別上映のあいさつを前にNHKのインタビューに応じました。

この中で、映画の連続上映が1000日を超えたことについて、「長い間、あちこちの映画館で上映していただき、われわれも舞台あいさつをさせていただいて、本当に長かったのか短かったのか、ずっとずっと旅を続けている感じがしています。500日の時は、『1000日まで倍もある』と思っていたが、いつの間にか、たどりついた」と振り返ったうえで、リピーターが多いことを踏まえて「本当にいろんなところにファンの方たちの思いが花開いているなと思います」と話していました。

また、新たな場面を追加した長尺版の「この世界の片隅に」がことし12月に公開されることについて、「戦争については8月も大事ですが、それ以外の日々も続いていたという思いも込めて、冬に公開しようと思いました。新しい場面が付け加わることで今まで存在していた場面も少し意味合いが変わってくると思いますので、また、ご覧いただけるとありがたいです」と話していました。