靖国神社に玉串料や参拝で韓国「深い憂慮」

靖国神社に玉串料や参拝で韓国「深い憂慮」
「終戦の日」の15日、安倍総理大臣が自民党総裁として靖国神社に私費で玉串料を納め、衆参両院の国会議員が参拝したことについて、韓国外務省は報道官の論評を出しました。
論評では「日本政府と議会の責任ある指導者たちが、過去の植民地支配と侵略戦争を美化して、靖国神社に再び玉串料を納め、参拝したことに深い憂慮を示す」としています。

そのうえで、「韓国政府は、日本の政治指導者たちが過去の歴史に対する真摯(しんし)な反省を、実際の行動で見せるよう求める。そうした姿勢が土台となる時、両国関係が未来志向的に発展し、国際社会の信頼を得ることができる」と主張しました。

論評は、安倍総理大臣を名指しで批判することは避けており、去年とほぼ同様の内容でした。