突然ドアが閉まり指切断 強風影響か

突然ドアが閉まり指切断 強風影響か
15日午前、滋賀県彦根市の大型量販店の立体駐車場で、警備員の男性が突然、閉まった非常階段のドアに指をはさまれて切断する大けがをしました。

警察は、台風による風でドアが勢いよく閉まったものとみて調べています。
15日午前9時半ごろ、滋賀県彦根市にある大型量販店の立体駐車場で、出勤してきた65歳の男性警備員が非常階段の3階のドアから建物に入ったところ、突然、ドアが閉まって右手の指をはさまれました。

この際、男性は、人さし指と中指を切断する大けがをして、病院で手当てを受けています。

気象台によりますと、当時、彦根市では、台風10号の影響で風が強まっていたということで、午前9時半ごろには18メートルの最大瞬間風速を観測していました。

警察は、台風による風でドアが勢いよく閉まったものとみて、当時の状況を調べています。