台風10号 広島 尾道で1人死亡 全国で49人けが(午後11時)

台風10号 広島 尾道で1人死亡 全国で49人けが(午後11時)
NHKが各地の放送局を通じてまとめたところ、台風10号による影響で、午後11時現在、広島県内で1人が死亡し、全国で少なくとも49人がけがをしました。
広島県尾道市では15日午前10時半ごろ、台風に備えて岸壁に船を係留する作業をしていた82歳の男性が波にあおられて海に転落し、亡くなりました。

また徳島市では15日午前7時ごろ、50代の男性が強風にあおられて作業台から転落し、足首を折る大けがをしました。

滋賀県彦根市では15日午前9時半ごろ、大型量販店の立体駐車場で警備員の男性が突然、閉まった非常階段のドアに指をはさまれて切断する大けがをしました。警察は台風による風でドアが勢いよく閉まったものとみて調べています。

このほかにも愛知県、岐阜県、三重県、京都府、岡山県、香川県、愛媛県大分県、宮崎県、鹿児島県で転倒してけがをするなど、けがをした人は全国で少なくとも49人にのぼっています。