プールで8歳の女の子が溺れ死亡 東京 練馬 としまえん

プールで8歳の女の子が溺れ死亡 東京 練馬 としまえん
15日午後、東京・練馬区の遊園地、「としまえん」のプールで小学生の女の子が溺れて死亡しました。警視庁はプールに浮かんだ遊具の下に潜り込んでしまい、水面に上がれなかった可能性があるとみて詳しい状況を調べています。
15日午後2時すぎ、東京・練馬区の遊園地、「としまえん」のプールで埼玉県朝霞市の小学3年生、森本優佳さん(8)が溺れているのを監視員が見つけ救助しました。

警視庁によりますと、森本さんは意識不明の重体となっていて病院に搬送されましたが、まもなく死亡しました。

両親と妹とともに訪れ、園内のプールのうち遊具などを浮かべた「ふわふわウォーターランド」と呼ばれるプールで遊んでいたところ、水面に浮かんだマットのような遊具の下で溺れたということです。

「としまえん」によりますと、プールには監視員7人を配置していますが、深いところで水深が2メートル近くあるため、利用者は救命胴衣を着用することになっていて、森本さんも着用していたということです。

警視庁は遊具の下に潜り込んでしまい、水面に上がれずに溺れた可能性があるとみて詳しい状況を調べています。

「としまえん」は今回の事故を受けて、すべてのプールの営業をあすは中止するほか、現場の「ふわふわウォーターランド」については当面、使用中止にするとしています。

女の子の救助活動を目撃した人は

女の子の救助活動を目撃したという男性は「女の子がプールサイドでぐったりとした様子で倒れていて、監視員の人たちが心臓マッサージを行っていました。このプールでは、救命胴衣の着用が義務づけられていて、子どもたちは腕の部分に浮き輪をつけて遊んでいました。お盆の時期に遊んでいたところを事故に遭ってしまい、とてもかわいそうです」と話していました。

また、近くにいた女性は「消防や警察が駆けつけてくるのを息子が見ていました。プールの周りには、監視員がたくさんいましたが、事故があったと聞いてとても驚いています」と話していました。