信用金庫のシステム障害 すべて復旧

信用金庫のシステム障害 すべて復旧
15日午前、関東地方や北海道にある信用金庫でシステムに障害が発生し、ATM=現金自動預け払い機で現金の引き出しなどが一時、できなくなりました。

午後になってシステムは復旧しましたが、15日が支給日となっている年金を受け取りにきた人たちなどに影響が出ました。
信用金庫の全国組織にあたる「信金中央金庫」とその子会社によりますと、15日朝、関東地方や北海道にある8つの信用金庫で、取り引きのデータなどを扱うシステムに障害が発生しました。

システム障害は、「日本ユニシス」が提供するシステムを使っている信用金庫で発生し、東京 中野区に本店がある「西武信用金庫」や札幌市の「北海道信用金庫」などでは、窓口での取り引きやATM=現金自動預け払い機で、キャッシュカードを使った現金の引き出しや振り込みができなくなりました。

各信用金庫によりますと、午後に入ってシステムは復旧し、午後3時までにすべてのサービスを再開したということです。

ただ、15日は年金の支給日で、午前中、信用金庫の各店舗では預金口座から年金を引き出せない人たちで混雑し、サービスが再開したあとATMの前に長い列ができるなどの影響が出ました。

障害が起きたシステムを提供していた「日本ユニシス」は原因を調査していて、「お客様に多大なご迷惑をおかけし、大変申し訳なく思います。原因調査を進めて再発防止に努めます」とコメントしています。