シベリア遺骨取り違え 厚労相「内部検討中で公表せず」

シベリア遺骨取り違え 厚労相「内部検討中で公表せず」
厚生労働省がシベリアに抑留されて亡くなった70人分の日本人の遺骨を取り違えていた疑いを1年半以上前に把握しながら現在まで公表していない問題について、根本厚生労働大臣は「内部検討の段階だったため公表していなかった。放置していた訳ではない」と述べました。
シベリア抑留者の遺骨を巡っては、厚生労働省の派遣団が日本人のものとして収集した遺骨について、おととし12月と去年8月、DNA鑑定した専門家が「日本人ではない」などと厚生労働省に相次いで報告していたことがNHKが入手した議事録などで明らかになっています。

このうち平成12年に収集された70人分の遺骨については、日本人かどうか判断する専門家の鑑定を行わずに持ち帰っていたことも明らかになっていますが、厚生労働省は報告から1年半以上たった今も公表せず、詳しい経緯を説明していません。

この問題について厚生労働省は当初、「相手国との信頼関係もありコメントは差し控えたい」としていましたが、根本厚生労働大臣は15日の閣議後の会見で「内部検討の段階だったため公表していなかった。検討せずに放置していた訳ではない」と述べました。

そのうえで「今後、1か月をめどに検証作業を進めるよう指示した。今後は迅速に進めていきたい」と述べました。