炭酸水の井戸に転落 2人死亡 福島 金山町

炭酸水の井戸に転落 2人死亡 福島 金山町
15日朝早く、福島県金山町にある天然の炭酸水をくむことができる観光地の井戸に親戚と訪れていた70代の男性と40代の女性の2人が転落し、死亡しました。
15日午前5時すぎ、金山町大塩で、いずれも新潟県長岡市に住む諸橋勲さん(77)と、めいで会社員の伊佐るり子さん(49)が、井戸に転落しているのが見つかりました。

2人は救助され病院に搬送されましたが、およそ2時間後に死亡が確認されました。

死因は溺死でした。

この井戸は天然の炭酸水を自由にくむことができるため、多くの観光客が訪れることで知られています。

警察や消防によりますと、死亡した2人は、ほかの3人の親戚と訪れていて車の中で待っていた親戚が、戻ってこないため様子を見に行ったところ、井戸の中で倒れていたということです。

井戸の深さは、およそ4メートルあり、このうち3メートルほどのところまで、水がたまっていたということです。

また、水面近くは炭酸ガスの影響で酸素の濃度が低かったということです。

警察は2人が誤って転落したあと、酸素の濃度が低いため意識を失い、溺れた可能性があるとみて調べています。

この井戸は地元の住民で作る団体が管理していて、周囲に柵などは設けられていませんが、転落防止のため、板や網をかぶせるなどの対策が取られていたということです。

金山町は当面の間、井戸を閉鎖することにしています。