吉川農相 きょうから香港訪問へ 食品の安全性アピール

吉川農相 きょうから香港訪問へ 食品の安全性アピール
香港で政府や警察に反発する市民の抗議活動が続く中、吉川農林水産大臣は、15日から17日にかけて香港を訪問し、現地で開かれている食品の見本市を視察することを明らかにしました。日本の農林水産物や食品の安全性をアピールするためだとしています。
これは吉川農林水産大臣が15日の閣議のあとの記者会見で明らかにしました。

この中で吉川大臣は「きょう夕方からあさってにかけて香港に出張し、アジア最大級の食品見本市で情報発信するとともに、香港政府の要人とも会談する。香港情勢が不安定なことは承知しているが、香港は日本の農林水産物の最大の輸出先であり、日本企業や農業団体を後押しして輸出の拡大につなげたい」と述べました。

吉川大臣は香港が福島県など5つの県に対して輸入規制を行っていることから、現地では日本の農林水産物や食品の安全性をアピールし、科学的根拠に基づいて規制の撤廃や緩和が進むよう香港政府に働きかけたいとしています。