優遇対象国から日本除外「韓国側措置の説明求める」経産相

優遇対象国から日本除外「韓国側措置の説明求める」経産相
韓国が輸出管理の優遇対象国から日本を除外する方針を示したことについて、世耕経済産業大臣は、「実務的に詳細な説明を求めているところだ」と述べ、韓国側に措置の根拠などの説明を求めるとともに、日本経済への影響を精査するという考えを示しました。
韓国政府は来月から韓国側の輸出管理の優遇対象国から日本を除外する方針を示し、韓国から日本への輸出の許可は品目によっては下りにくくなり、許可の審査期間もこれまでより延びるとされています。

これについて世耕経済産業大臣は閣議のあとの記者会見で、「今回の措置は根拠や理由が明らかになっていない。今の時点では韓国側に対して、担当者から実務的に詳細な説明を求めているところだ」と述べ、韓国側に根拠などを詳しく説明するよう求めていることを明らかにしました。

そのうえで、日本経済への影響について世耕大臣は「品目を見るかぎり、影響は少ないのではないかと思っているが、精査する」という考えを示しました。

また、世耕大臣は「輸出管理上の優遇措置というのは、各国の責任によって判断をして適用するものだ。今回、韓国側から協議の可能性についての言及があったが、われわれは協議する性質のものではないと思っている」と述べたうえで、この問題をめぐって日韓両国による対話の場を設けるのは、現時点では難しいという考えを改めて示しました。