新潟 山形 石川で気温40度超 あすも猛暑 熱中症に警戒を

新潟 山形 石川で気温40度超 あすも猛暑 熱中症に警戒を
台風10号からの暖かい空気の影響で、15日は、新潟県と山形県、それに石川県では最高気温が40度を超えました。16日も日本海側を中心に猛烈な暑さとなるところがある見込みで、引き続き熱中症に警戒が必要です。
気象庁によりますと、台風10号の周辺から暖かい空気が流れ込んだ影響で、北陸や東北の日本海側では山を越えて暖かい風が吹き降ろす「フェーン現象」が起きてかなり気温が上がりました。

日中の最高気温は、
▽新潟県胎内市で40度7分、
▽山形県鶴岡市鼠ヶ関で40度4分、
▽石川県志賀町で40度1分と、40度以上を観測したほか、
▽秋田県北秋田市の鷹巣で38度4分、
▽富山空港で37度2分などと、北陸と東北の日本海側を中心に危険な暑さとなりました。

16日も台風の影響で、日本海側を中心に気温が高くなる見込みで、日中の最高気温は、
▽埼玉県熊谷市で36度、
▽富山市や京都市、鳥取市、それに高松市で35度などと、各地で猛暑日が予想されているほか、
▽東京の都心や大阪市、それに金沢市で34度などと予想されています。

引き続き熱中症に警戒が必要です。こまめに水分を補給し、屋外での運動はできるだけ避け、室内では冷房を使うなどの対策を取ってください。