一部の信用金庫でシステム障害 現金引き出しなどできず

一部の信用金庫でシステム障害 現金引き出しなどできず
関東地方や北海道にある信用金庫でシステムに障害が発生し、ATM=現金自動預け払い機で現金の引き出しなどができなくなっています。復旧のめどはたっておらず、システムを提供した会社が原因を調べています。
信用金庫の全国組織にあたる「信金中央金庫」とその子会社によりますと、15日朝、関東地方や北海道にある8つの信用金庫で取り引きのデータなどを扱うシステムに障害が発生しました。

このうち「西武信用金庫」や「横浜信用金庫」、「北海道信用金庫」などでは窓口での取り引きやATM=現金自動預け払い機で、キャッシュカードを使った現金の引き出しや振り込みができない状態だということです。

また、コンビニエンスストアなど提携しているATMでも取り引きができないということです。

システム障害は「日本ユニシス」が提供するシステムを使っている信用金庫で起きていると見られています。

一方、これらの信用金庫以外ではシステムは正常に稼働しているということです。

現在、「日本ユニシス」や各地の信用金庫が復旧を急ぐとともに原因を調べていますが、復旧のめどは立っていないということです。

北海道信用金庫では

札幌市中央区に本店がある北海道信用金庫では、15日朝からシステム障害が起き、ATM=現金自動預け払い機やインターネットバンキングが利用できなくなっているということです。

北海道信用金庫によりますと、15日午前7時半ごろ、システム障害が起き、道内に81か所ある支店や支店の外に設置されている176台すべてのATMが利用できなくなっているということです。

また、提携先の金融機関やコンビニエンスストアでのATMからも現金の引き出しなどができないほか、インターネットバンキングも使えなくなっているということです。

北海道信用金庫は、復旧を急ぐとともにトラブルの原因を調べていますが、これまでのところ復旧のめどは立っていないということです。

システム障害起きている信金

信用金庫の全国組織にあたる「信金中央金庫」とその子会社によりますと、現在システム障害が起きているのは、
▽本店が北海道にある「北海道信用金庫」
▽「旭川信用金庫」
▽「室蘭信用金庫」
▽東京 中野区の「西武信用金庫」
▽横浜市の「横浜信用金庫」
▽神奈川県横須賀市の「湘南信用金庫」
▽埼玉県川口市の「青木信用金庫」
▽水戸市の「水戸信用金庫」の8つです。