安倍首相 靖国神社に玉串料奉納 自民党総裁として私費で

安倍首相 靖国神社に玉串料奉納 自民党総裁として私費で
「終戦の日」の15日、安倍総理大臣は自民党の稲田総裁特別補佐を通じて、自民党総裁として、私費で靖国神社に玉串料を納めました。
「終戦の日」の15日、安倍総理大臣は靖国神社に参拝せず、自民党の稲田総裁特別補佐を通じて、自民党総裁・安倍晋三として、私費で玉串料を納めました。

このあと稲田氏は記者団に対し、「『令和の新しい時代を迎え、改めてわが国の平和と繁栄が、祖国のために命をささげたご英霊のおかげであると感謝と敬意を表します』という安倍総裁からの言葉を預かった」と述べました。

安倍総理大臣は第2次安倍内閣が発足して1年後となる6年前(平成25年)12月に靖国神社に参拝しましたが、それ以降は参拝しておらず、「終戦の日」には毎年、私費で玉串料を納めています。