東京株式市場 値下がりして取り引き始まる 世界経済の減速懸念

東京株式市場 値下がりして取り引き始まる 世界経済の減速懸念
15日の東京株式市場は、14日のニューヨーク株式市場で株価がことし最大の下落となったことを受けて、株価は大きく値下がりして取り引きが始まっています。
15日の東京株式市場は、取り引き開始直後から幅広い銘柄に売り注文が広がっています。

株価が大きく値下がりしているのは、14日のニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価が800ドルを超える、ことし最大の下落となったことを受けて、世界経済の減速懸念が一段と強まったからです。

市場関係者は「中国やドイツの経済指標が思わしくなかったことや香港の情勢など、地政学的なリスクが高まっていることもあって、投資家の間では世界経済の先行きに対する警戒感が急速に高まっている」と話しています。