河野外相 クロアチア訪問 旧ユーゴスラビア諸国のEU加盟支援

河野外相 クロアチア訪問 旧ユーゴスラビア諸国のEU加盟支援
河野外務大臣は、来年前半EU=ヨーロッパ連合の議長国を務める旧ユーゴスラビアのクロアチアで、グルリッチ・ラドマン外相と会談し、セルビアなど旧ユーゴスラビア諸国のEU加盟に向けて、連携して支援していく方針を確認しました。
ヨーロッパを訪問している河野外務大臣は日本時間の15日未明、日本の外務大臣としては、父親の河野洋平氏以来24年ぶりに訪れたクロアチアでグルリッチ・ラドマン外相と会談しました。

この中で両外相は、日本企業の進出や投資を円滑に行うための租税条約が来月発効することを受けて、両国の経済関係をさらに促進させていくことで一致しました。

そのうえで、かつて激しい民族紛争となった旧ユーゴスラビアのクロアチアが、2013年にEUに加盟し、来年前半、議長国を務めることを踏まえ、セルビアやボスニア・ヘルツェゴビナなど、ほかの旧ユーゴスラビア諸国のEU加盟に向けて、経済や法整備の面で連携して支援していく方針を確認しました。

このあと河野大臣は記者会見で「民族紛争を乗り越え、EUの一員となったクロアチアの経験はとても貴重で、旧ユーゴスラビアの国々と国際社会の懸け橋になってほしい。特に若い世代に希望を持ってもらえるよう、日本として惜しみない支援をしたい」と述べました。