台風10号 日本海北上 近畿・東海など太平洋側中心に大雨

台風10号 日本海北上 近畿・東海など太平洋側中心に大雨
大型の台風10号は中国地方を縦断し、日本海を北へ進んでいます。近畿や東海など太平洋側を中心に非常に激しい雨が降っているほか、16日昼ごろから17日にかけては、北日本でも大雨となるおそれがあります。引き続き、土砂災害や川の増水のほか、暴風、高波に警戒が必要です。

日本海を北上

気象庁の観測によりますと、大型の台風10号は16日午前0時には、松江市の北180キロの海上を、1時間に35キロの速さで北へ進んでいます。

中心の気圧は980ヘクトパスカル、最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートルで、中心から南東側600キロ以内と北西側500キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。

大阪の関西空港では16日午前0時半ごろ、26.7メートルの最大瞬間風速を観測しました。

近畿や東海などで雨雲が発達

近畿や東海などで雨雲が発達していて、16日午前1時までの1時間には岐阜県が揖斐川町に設置した雨量計で64ミリの非常に激しい雨を観測したほか、和歌山県が田辺市に設置した雨量計で30ミリの激しい雨を観測しました。

奈良県や和歌山県では、降り始めからの雨量が多いところで500ミリから800ミリに達するなど、西日本の太平洋側を中心に大雨となっています。

愛媛県、徳島県、奈良県、和歌山県、それに山梨県では土砂災害の危険性が非常に高まり、「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があります。

また和歌山県と三重県では氾濫の危険性が非常に高まり、「氾濫危険水位」を超えている川があります。

西日本から北日本にかけて非常に激しい雨のおそれ

台風は、このあとも日本海を北上し、次第に進路を東寄りに変えて北海道に近づく見込みです。

西日本と東日本の太平洋側では、16日朝にかけて1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る見込みで、その後、16日昼ごろから17日にかけては北日本でも非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。

16日夜遅くまでの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで
▽北海道と東海で250ミリ
▽関東甲信で180ミリ
▽北陸と東北で150ミリ
▽近畿で100ミリと予想されています。

その後も北日本では雨が降り続き、16日夜遅くから17日夜遅くまでの24時間にはいずれも多いところで
▽北海道で100ミリから150ミリ
▽東北で50ミリから100ミリと予想されています。

非常に強い風や大しけ続く

台風の影響で西日本と東日本の太平洋側では、海上を中心に非常に強い風が吹き、大しけとなっていて、これから北日本でも大荒れの天気となる見込みです。

16日の最大風速は
▽近畿で25メートル
▽北海道と北陸、中国地方で23メートル
▽東海で22メートル
▽東北と四国で20メートル
▽関東甲信で18メートルで
最大瞬間風速は30メートルから35メートルに達すると予想されています。

波の高さは
▽東海と近畿で8メートル
▽四国で7メートル
▽北海道と東北、北陸、それに伊豆諸島で6メートル
▽関東と中国地方で5メートルと予想されています。

引き続き土砂災害や川の増水、低い土地の浸水のほか、暴風や高波に警戒が必要です。