河野外相 スロベニア外相と会談 日本企業の投資拡大で協力へ

河野外相 スロベニア外相と会談 日本企業の投資拡大で協力へ
k10012035781_201908150456_201908150456.mp4
日本の外務大臣として初めてスロベニアを訪れた河野外務大臣は、ツェラル外相と会談し、スロベニアがIT産業を強化し、EU=ヨーロッパ連合の新たな物流拠点になっていることも踏まえ、日本企業の投資の拡大に向けて協力していくことで一致しました。
ヨーロッパを訪問している河野外務大臣は、日本時間の14日夕方、日本の外務大臣として初めて訪れたスロベニアで、ツェラル外相と会談しました。

この中で両外相は、スロベニアがIT産業やAI=人工知能といった先端科学技術の分野を強化し、EUの新たな物流拠点になっていることも踏まえ、日本企業の投資の拡大に向けて協力していくことで一致しました。

会談のあと両外相は、日本企業がことし4月にスロベニアで操業を始めた産業用ロボットの生産工場を視察し、工業製品に塗装を行うロボットが実演する様子などを見て回りました。

河野大臣は記者団に対し、「スロベニアが日本企業を大切に思ってくれており、うれしい。欧州での物流の地理的優位性を持つスロベニアに多くの日本企業が進出してほしい」と述べました。