パキスタン首相「インド軍の攻撃計画に対応準備」 カシミール

パキスタン首相「インド軍の攻撃計画に対応準備」 カシミール
インドが、パキスタンと領有権を争うカシミール地方の州の自治権を撤廃したことを受けて、パキスタンのカーン首相が現地を訪問し、「インド軍によるいかなる攻撃にも対応する準備をしている」と述べて強くけん制しました。
パキスタンのカーン首相は独立記念日の14日、就任後初めてインドと領有権を争うカシミール地方のムザファラバードを訪れて演説しました。

この中でカーン首相は、カシミール地方でパキスタンが実効支配している地域に対してインド軍が攻撃を計画していると非難し、「いかなる攻撃にも対応する準備をしている」と述べてインド側を強くけん制しました。

そしてインドが今月6日、カシミール地方の州の自治権を撤廃したことについて、「国際的な問題として責任をもって対処する」と強調し、国連の安全保障理事会に緊急会合を開くよう要請するなど、インドによる自治権撤廃の取り消しに向けて、国際社会への働きかけを強める考えを示しました。

首都イスラマバードでは、14日、市民1000人以上が参加してインドに抗議するデモも行われ、両国の緊張がさらに高まることが懸念されています。