台風10号 山陽新幹線は新大阪・小倉間で始発から運休

台風10号 山陽新幹線は新大阪・小倉間で始発から運休
台風10号の接近に伴って、山陽新幹線が運休を決めるなど、15日の各新幹線の運行に影響が出ています。
JR各社によりますと、このうち山陽新幹線は、新大阪と小倉の間で15日の始発から終日、運転を取りやめています。

小倉と博多の間については、1時間に1本程度に本数を減らして運転しています。

また、九州新幹線は、山陽新幹線との直通運転を15日は取りやめるとともに、博多と熊本の間は1時間に3本程度、熊本と鹿児島中央の間は1時間に2本程度に本数を減らして運転しています。

さらに東海道新幹線は、山陽新幹線との直通運転を15日は取りやめるとともに、全体の13%にあたる55本を運休します。対象となるのは、東京発の下りが午後4時台にかけて、新大阪発の上りが午前10時台から午後7時台にかけてで、「のぞみ」を1時間に7本程度、「ひかり」と「こだま」を1時間に2本程度に減らして運転しています。

一方、北海道、東北、山形、秋田、北陸、上越の各新幹線は、通常どおり運転しています。

また、JRの在来線は、四国全域と岡山、広島、山口各県のすべての路線で、15日の始発から終日、運転を取りやめています。