国内 空の便 15日814便欠航 16日52便欠航(午後9時)

国内 空の便 15日814便欠航 16日52便欠航(午後9時)
台風10号の影響で、15日の国内の空の便は、午後9時現在、814便で欠航したり、欠航が決まったりしています。影響は16日も続く見通しで、午前中を中心にすでに52便の欠航が決まっているほか、台風の進路によってはさらに影響が広がるおそれもあります。
15日に欠航となったのは、羽田と西日本の各地を結ぶ便を中心に、
▽全日空が287便
▽日本航空が196便
▽スカイマークが79便
▽ジェットスターが52便
▽フジドリームエアラインズが52便
▽日本エアコミューターが37便
▽ピーチ・アビエーションが36便
▽ソラシドエアが24便
▽スターフライヤーが19便
▽日本トランスオーシャン航空が13便
▽エアアジア・ジャパンが9便
▽エア・ドゥが8便
▽春秋航空日本が2便となっています。

影響は16日も続く見通しで、機材繰りがつかないとして午前中を中心に合わせて52便の欠航がすでに決まっているほか、台風の進路によっては東北や北海道を発着する便などを中心に条件付きの運航になるおそれがあるということで、最新の情報を確認するよう呼びかけています。