台風10号 15日 デパートや宅配便など生活への影響

台風10号 15日 デパートや宅配便など生活への影響
台風10号の影響で西日本のデパートでは、15日の営業を取りやめたり、午後の営業時間を短くしたりする店舗が相次いでいます。

デパートの臨時休業

15日営業を取りやめたデパートは以下の店舗です。

四国地方です。
▽松山市の「松山三越」
▽高松市の「高松三越」
▽徳島市の「そごう徳島店」
▽高知市の「高知大丸」

中国地方です。
▽広島市の「そごう広島店」、「広島三越」
▽山口県下関市の「下関大丸」

関西地方です。
▽神戸市の「大丸神戸店」、「大丸須磨店」、「そごう西神店」、「そごう神戸店」、「阪神・御影」
▽兵庫県芦屋市の「大丸芦屋店」
▽兵庫県尼崎市の「あまがさき阪神」

以上の店舗が15日の営業を取りやめました。

また、営業時間の短縮を決めたデパートは次のとおりです。

関西地方は、
▽大阪市の「阪急梅田本店」、「阪急メンズ大阪」、
それに「阪神梅田本店」
▽大阪府豊中市の「千里阪急」
▽兵庫県西宮市の「阪神・にしのみや」、「西宮阪急」
▽兵庫県三田市の「三田阪急」
▽兵庫県宝塚市の「宝塚阪急」
▽兵庫県川西市の「川西阪急」です。

中国地方では、
▽岡山市の「岡山高島屋」
▽鳥取県米子市の「米子高島屋」です。

デパート各社によりますと、台風の接近に伴って利用客の安全確保が難しいことに加えて、鉄道で運転見合わせの動きが広がり、従業員の通勤に支障が出ると判断したということです。
広島市に本店があるデパート「福屋」は、広島県内の10店舗と山口県岩国市と島根県浜田市にある店舗で15日、臨時休業することを決めました。

14日午後、広島市中区の八丁堀本店では社員が入り口のドアなどに臨時の休業を知らせる文書を貼って買い物客に周知していました。また、このデパートでは店舗から離れた場所に住んでいる社員については、14日、早めに帰宅させる措置をとったということです。

イオングループ 一部の店舗休業

流通大手の「イオングループ」は、台風10号の影響で従業員の通勤に支障が出るなど通常の営業体制が取れないとして、西日本にある6つのショッピングセンター内の一部の店舗を休業としています。

一部の店舗が休業となっているのは、
▽広島県府中町の「イオンモール広島府中」
▽岡山市の「イオンモール岡山」
▽神戸市の「三宮オーパ2」「神戸ハーバーランドumie」
▽兵庫県伊丹市の「イオンモール伊丹」
▽大分市の「大分オーパ」です。

イオングループによりますと、このほか九州にあるスーパーでも臨時に休業したり営業開始時間を遅らせたりした店舗があるということです。

イオンは「それぞれの商業施設の営業状況については、ホームページなどで確認してほしい」と話しています。

宅配便の集配を取りやめる地域も

台風10号の影響で大手宅配会社では、西日本を中心に荷物の集荷と配達、いわゆる集配を取りやめるなど影響が出ています。

このうち「ヤマト運輸」は15日は、
▽中国地方、
▽四国地方、
それに▽大分県の全域、▽兵庫県の大部分の地域のほか、
▽京都府と奈良県、和歌山県では一部の地域で
荷物の集配を取りやめています。

また「佐川急便」は、
▽四国地方、
▽中国地方で荷物の集配を取りやめています。

「日本郵便」は、
▽四国地方で郵便物の集配を取りやめています。

各社によりますと今後の台風の状況によっては、ほかの地域にも影響が広がるおそれがあるとしています。

徳島と香川の簡易郵便局が営業休止

日本郵便によりますと、台風10号の接近に伴って、徳島県牟岐町の出羽島簡易郵便局と香川県多度津町の高見島簡易郵便局は、15日の窓口の営業を休止することを決めました。フェリーが欠航することから局員の出勤が難しいと判断したということです。