ラグビーW杯日本代表決定前 最後の強化合宿参加 41人が発表

ラグビーW杯日本代表決定前 最後の強化合宿参加 41人が発表
来月、開幕するラグビーワールドカップ日本大会に臨む日本代表の最終メンバーを決める前、最後の強化合宿として今月18日から北海道網走市で行われる事前キャンプの参加選手41人が発表されました。
これは日本ラグビー協会が14日、発表しました。

それによりますと、北海道網走市での事前キャンプは今月18日から28日までの日程で行われ、メンバーにフォワード25人とバックス16人の合わせて41人が選ばれました。

キャプテンで、フランカーのリーチ・マイケル選手や司令塔、スタンドオフの田村優選手など日本代表が先月下旬から3試合おこなったテストマッチのメンバーに加えてケガで代表を外れていたいずれもプロップのグ・ジウォン選手や中島イシレリ選手などが復帰しました。

ワールドカップに臨む日本代表の最終メンバー31人は今月末に発表される予定で、網走市での事前キャンプは、代表入りを目指す選手たちにとって最後の競争の場となります。