大麻取締法違反の罪 「Dragon Ash」メンバーら保釈

大麻取締法違反の罪 「Dragon Ash」メンバーら保釈
k10012035441_201908142058_201908142101.mp4
大麻取締法違反の罪で起訴された人気ロックバンド「Dragon Ash」のメンバーら2人について、東京地方裁判所は保釈を認める決定をし、14日保釈されました。
「Dragon Ash」のメンバーで「KenKen」の名前でベースを担当している金子賢輔被告(33)は、14日午後7時すぎ、勾留されていた警視庁本部から保釈されました。

金子被告を乗せた車が警視庁本部から出てきましたが、被告は車内の後部座席に座り、じっと前を見つめていました。
また、ギタリスト「Char」の息子で「JESSE」の名前で音楽活動をしている、マック・ファーデン・ジェシー・ソラト被告(39)は、午後5時半ごろ、東京湾岸警察署から保釈されました。

保釈の際、ジェシー被告は報道陣に向かって「今回はご迷惑をおかけし大変申し訳ございませんでした」と述べて深々と頭を下げてから車に乗り込みました。

2人は、先月それぞれの自宅で大麻を所持していたとして、大麻取締法違反などの罪で今月9日に起訴されています。弁護士からの保釈の請求を受け、東京地方裁判所が認める決定をし、それぞれ250万円の保釈金を納付したということです。

警視庁の調べに対し、金子被告は「大麻だとなんとなくわかっていました。自分のものです」と供述し、ジェシー被告は「大麻は私のものです」と供述しているということです。