東証1部上場「すてきナイス」前会長らを粉飾決算で起訴

東証1部上場「すてきナイス」前会長らを粉飾決算で起訴
k10012035401_201908142100_201908142108.mp4
東証1部上場で建築資材の販売などを手がける横浜市の会社が、架空の売り上げを計上する手口で、4年前、決算を粉飾したとして、横浜地検特別刑事部はこの会社と前会長ら2人を金融商品取引法違反の罪で起訴しました。
起訴されたのは、東証1部上場で建築資材の販売などを手がける横浜市鶴見区の持ち株会社「すてきナイスグループ」と、前会長の平田恒一郎被告(71)、それに元社長の日暮清被告(67)の2人です。

横浜地検によりますと、平田前会長らは4年前の平成27年3月期に、架空の売り上げをおよそ32億円計上するなどして連結決算を粉飾し、有価証券報告書にうその記載をしたとして、金融商品取引法違反の罪に問われています。

横浜地検によりますと、決算の粉飾は経常利益の赤字などを隠すために平田前会長の指示で行われ、実態のないペーパーカンパニーに不動産を売却したように装い、子会社の売り上げを水増ししていたということです。

横浜地検は起訴された2人の認否を明らかにしていません。

すてきナイスグループは、「株主や投資家、関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけし深くおわび申し上げます」とコメントしています。