東京外国為替市場 円相場 値下がり

東京外国為替市場 円相場 値下がり
14日の東京外国為替市場、円相場は値下がりしました。
午後5時時点の円相場は、13日と比べて1円25銭、円安ドル高の1ドル=106円44銭から45銭でした。

ユーロに対しては、13日と比べて1円27銭、円安ユーロ高の1ユーロ=119円ちょうどから4銭でした。

ユーロはドルに対して1ユーロ=1.1180から81ドルでした。

市場関係者は「米中貿易摩擦への警戒感からここ最近はドルが売られやすかったが、アメリカ政府が中国に対する追加関税の発動を一部の品目で延期すると発表したことから、先行きへの警戒感が和らぎ、ドルが買い戻された。投資家は、米中の動向にかなり神経質になっていて、今後も不安定な値動きが続きそうだ」と話しています。