沖合で発見の死亡男性 不明の2人と確認 千葉 館山

沖合で発見の死亡男性 不明の2人と確認 千葉 館山
12日千葉県館山市の海岸で海水浴をしていた男性2人が沖合に流され行方不明になった事故で、13日沖合で見つかり死亡したのは行方不明の2人と確認されました。
12日午前6時すぎ、千葉県館山市の布良海岸で海水浴をしていた男性5人が沖合に流され、このうち3人は自力で岸に戻りましたが、いずれも千葉県内に住む大学生の柴崎悠輝さん(19)と、会社員の石川晃汰さん(18)の行方が分からなくなっていました。

捜索の結果、13日午後には館山市の沖合で男性2人が見つかりましたがいずれも死亡し、海上保安部が確認を進めた結果、2人は柴崎さんと石川さんと確認されたということです。

海上保安部によりますと柴崎さんたちは高校時代からの友人で早朝から海水浴をしていたということです。