「すかいらーく」店内飲食と持ち帰り 税込み価格を別々に

「すかいらーく」店内飲食と持ち帰り 税込み価格を別々に
消費税率の引き上げに伴ってファミリーレストラン最大手のすかいらーくは、「店内飲食」と「持ち帰り」の税込み価格を別々に設定する方針を明らかにしました。税込み価格を統一する外食チェーンもあり、対応が分かれる見通しです。
これは、すかいらーくホールディングスの谷真会長兼社長が、決算会見で明らかにしました。

ことし10月の消費税率の10%への引き上げに伴って、持ち帰り用の食品には税率を8%に据え置く軽減税率が導入されます。

これについて会社は、「ガスト」や「バーミヤン」など、全国のおよそ3200店舗すべてで、消費税率の引き上げ後も本体価格を据え置き、「店内飲食」と「持ち帰り」で税込み価格を別々に設定する方針を明らかにしました。

現在、売り上げ全体に占める「持ち帰り」の割合は1割未満ですが、消費税率の引き上げ後は、税率が8%に据え置かれる「持ち帰り」や宅配の需要が高まると見ていて、配達員を増やすほか宅配にかかる時間の削減を進めることにしています。

すかいらーくホールディングスの谷会長兼社長は会見で、「消費税率の引き上げで経営環境は非常に厳しいが、持ち帰りの強化などで売り上げを伸ばしたい」と述べました。

価格設定をめぐっては、モスバーガーがやはり「店内飲食」と「持ち帰り」の税込み価格を別々に設定する一方で、サイゼリヤが統一する方針を明らかにしていて、外食チェーンによって、対応が分かれる見通しです。