新潟中越地震から15年 山古志地区でお盆の成人式 長岡

新潟中越地震から15年 山古志地区でお盆の成人式 長岡
k10012035041_201908141708_201908141711.mp4
15年前の新潟県中越地震で大きな被害を受けた長岡市山古志地区で、お盆の帰省の時期に合わせて成人式が行われました。
新潟県長岡市山古志地区ではお盆で帰省する新成人が多いことから、毎年この時期に成人式を行っていて、ことしは、15人の新成人のうち9人が出席しました。

初めに長岡市の水澤千秋副市長が「ことしは中越地震から15年の節目の年です。皆さんが震災を乗り越えて成人を迎えたことをうれしく思います。これからも同級生どうしでお互い支え合ってください」とあいさつしました。

そして、新成人を代表して畔上晃樹さんが「地震から15年がたとうとしている。つらいこともたくさんあったが、人の絆や支え合いの大切さを再確認しました。これからは恩返しをしていきたいです」と述べました。

今も山古志地区に住む新成人の女性は、「地震のときには家が壊れ、仮設住宅に入っていました。ボランティアの人がまだ小さかった私と遊んでくれ、助け合うことの大切さを学びました。地元が好きなのでこれから山古志について発信していきたいです」と話していました。