台風10号「記録的な雨量」おそれのある地域は

台風10号「記録的な雨量」おそれのある地域は
k10012035001_201908150413_201908150415.mp4
台風10号は、比較的ゆっくりとした速度で西日本を北上するため、雨が長い時間降り続き、場所によっては1000ミリ以上の記録的な大雨となるおそれがあります。

1200ミリ超予想の県は

降り始めからの雨の量が多いところで1200ミリを超えると予想されているのが、高知県と徳島県で、いずれも南東斜面を中心に雨量が多くなるとみられています。

このうち、高知県馬路村魚梁瀬では降り始めからの雨量が15日の午前0時までに200ミリに達しています。

1000ミリ超予想の県は

降り始めからの雨の量が多いところで1000ミリを超えると予想されているのが、奈良県と和歌山県で、いずれも南部を中心に雨量が多くなるとみられています。

15日の午前0時の時点で、奈良県上北山村では降り始めからの雨量がすでに400ミリ、和歌山県田辺市龍神では降り始めからの雨量が200ミリに達しています。このほか、三重県の南部でも1000ミリ前後に達するとみられています。

雨量増える前に避難を

多くの雨量が予想される地域では、土砂災害や川の氾濫などの危険性が特に高まるため、早めの避難を心がけてください。