株価 値上がり 東京株式市場

株価 値上がり 東京株式市場
14日の東京株式市場、株価は値上がりしました。
アメリカ政府が中国に対する追加関税の発動を一部の品目で延期すると発表したことを受けて、景気の先行きへの警戒感がいくぶん和らぎ買い注文が出ました。

日経平均株価、14日の終値は、13日より199円69銭高い2万655円13銭。東証株価指数=トピックスは、12.93上がって1499.50。1日の出来高は10億6324万株でした。

市場関係者は「アメリカによる追加関税の延期の対象にスマートフォンやパソコンなどが含まれていたことから、半導体関連の銘柄に買い注文が広がった。ただ、アメリカと中国の貿易協議がどこまで進展するかは不透明なところも多く、午後に入ってからは積極的な取り引きを控えて先行きを冷静に見極めようとする投資家も多かった」と話しています。