エンジェルス大谷 2打席連続タイムリーも試合は敗れる

エンジェルス大谷 2打席連続タイムリーも試合は敗れる
大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手が13日のパイレーツ戦で2打席連続のタイムリーヒットを打つなど2安打2打点の活躍を見せました。
大谷選手は13日、本拠地アナハイムで行われたパイレーツ戦に3番・指名打者で先発出場しました。

大谷選手は1回、ノーアウト一塁二塁の場面で第1打席を迎え、5球目の速球をレフト方向に運び、4試合連続ヒットとなるタイムリーツーベースで先制点を挙げました。

さらに3点リードの2回、2アウト一塁の第2打席では、変化球を打って、レフト線へ2打席連続のタイムリーとなるスリーベースヒットで追加点を挙げました。

4回の第3打席は、セカンドゴロ、6回の第4打席は空振りの三振でした。

5点をリードされた9回、ノーアウト一塁二塁の第5打席ではセカンドゴロでしたが、ダブルプレーを免れて一塁に残り、その後、二塁へ、今シーズン10個目の盗塁を決めました。

大谷選手は、この試合5打数2安打2打点で、打率は2割9分1厘に上がりました。エンジェルスは、7対10で敗れました。