米CBSとバイアコムが再統合 メディア各社の競争激化へ

米CBSとバイアコムが再統合 メディア各社の競争激化へ
アメリカ3大ネットワークの1つ、CBSと、大手メディアのバイアコムは、13日、経営統合して新会社を設立すると発表しました。アメリカでは、企業買収などによって映画やドラマといったコンテンツの拡充を図る動きが相次いでいて、各社の競争が一層激しくなりそうです。
CBSとバイアコムの発表によりますと、両社は年内にも経営統合して新会社「バイアコムCBS」を設立します。

新会社の売り上げは280億ドル、日本円で2兆9000億円を超え、アメリカ国内のテレビの視聴者数は、大手メディアのコムキャストを抑えて最大になるとしています。

アメリカ3大ネットワークの1つであるCBSと、映画会社「パラマウント・ピクチャーズ」などを傘下に持つバイアコムは、1999年に合併しましたが、2005年に分割が決まり、今回、再び統合されることになります。

アメリカでは、通信大手のAT&Tがタイムワーナーを買収したり、ウォルト・ディズニーが21世紀フォックスの映画・ドラマ部門を買収したりして、コンテンツの開発や囲い込みに力を入れていて、各社の競争が一層激しくなりそうです。