韓国で「慰安婦をたたえる日」 文大統領「国際社会と共有」

韓国では14日、「慰安婦をたたえる日」の式典が開かれ、チン・ソンミ(陳善美)女性家族相は、「このような悲劇が二度と起きないよう、忘れずに記憶していく」とあいさつし、韓国政府として慰安婦問題への認識を広めていく姿勢を示しました。
韓国政府は、1991年に元慰安婦の女性の1人が初めて公の場で証言した日にあたる8月14日を、去年から「慰安婦をたたえる日」として新たな記念日に制定し、14日は各地で関連の行事が行われています。

このうちソウル市内では午前11時から、政府主催の式典が開かれ、元慰安婦の女性やその遺族などおよそ300人が出席しました。

韓国政府は、式典の目的を慰安婦問題についての認識を広めるためだとしていて、チン・ソンミ女性家族相は「元慰安婦の女性たちは勇気を出して、自分たちの苦痛を知らせてきた。このような悲劇が二度と起きないよう忘れずに記憶していく」とあいさつしました。

また、去年は式典に出席していたムン・ジェイン(文在寅)大統領は、今回は出席せず、代わりに談話を発表し、「政府は、被害者たちの尊厳と名誉を回復するために最善を尽くすつもりだ。この問題を平和と女性の人権に対するメッセージとして、国際社会と共有していく」と述べました。

慰安婦問題をめぐって、日本政府は、2015年に最終的かつ不可逆的な解決を確認した日韓合意の着実な履行を求めていて、この問題をめぐっても、日韓両国の隔たりが埋まらない状況が続いています。