夏の甲子園 仙台育英 2年ぶり3回戦進出

夏の甲子園 仙台育英 2年ぶり3回戦進出
夏の全国高校野球、大会9日目の第1試合は、宮城の仙台育英高校が、徳島の鳴門高校に8対5で勝って2年ぶりの3回戦に進みました。
仙台育英は、1回から打線がつながり、4番の小濃塁選手がソロホームランを打つなど、ヒット6本の集中打で4点を先制し、その後も得点を重ねました。

投げては先発の鈴木千寿投手から3人の投手リレーでリードを守り切り、8対5で勝って2年ぶりに3回戦に進みました。

鳴門は、地方大会から1人で投げ抜いてきた西野知輝投手が立ち上がりにつかまりました。

打線は4回に5点を返して1点差としましたが、その後はチャンスであと1本が出ず、3回戦進出はなりませんでした。

仙台育英 須江監督「投手陣ギリギリふんばった」

仙台育英の須江航監督は、4点を先制した1回の攻撃について「早いカウントの高めに浮いたボールを積極的に振っていけと指示していた。1点で終わらず、2点目以降も着実に得点できたのでよかった」と振り返りました。

3人の継投でつないだ投手陣については、「先発の鈴木千寿投手とエースの大栄陽斗投手は、ギリギリのところでふんばってくれた。1年生の笹倉世凪投手は、頼もしいかぎりです」と話していました。

次の3回戦で対戦する福井の敦賀気比との試合に向けては、「打力がすごいチームなので総合力で戦っていきたい」と気を引き締めていました。

仙台育英 大栄投手「なんとか抑えられてよかった」

4回途中から2人目にマウンドにあがったエースの大栄陽斗投手は、「先発の鈴木千寿投手から『頼むぞ!』と言われてマウンドをゆずり受けました。追いつかれることなくなんとか抑えられてよかったです」と心境を話しました。

次の試合に向けては、「相手は強力打線なのでピッチャーが勝負のカギになってくる。最少失点で抑えられるように調整していきたい」と話していました。

鳴門 森脇監督「守りのミスで投手を苦しめた」

敗れた鳴門の森脇稔監督は、「1回は4失点したが、本来は、1回の仙台育英のような野球がしたかった。きょうは守りのミスでピッチャーを苦しめたと思う。西野投手には、ねぎらいのことばをかけた」と振り返りました。

相手の仙台育英については、「投手陣は、3人ともエース級で層が厚かった。今後、うちのチームも厚みを出せるようにしたい」と話していました。

鳴門 西野投手「悔しい。修正できなかった」

敗れた鳴門の西野知輝投手は、「悔しいです。4失点をした1回は、しっかりコントロールできなかったところがあった。その後、修正できればよかったができなかった」と振り返りました。

交代した竹内勇輝投手については、「少し悔しかったが、竹内投手はボールのスピードが自分より速いので安心して見ていた。楽しんでもらいたいと思い『思い切り投げるように』と声をかけた」と話していました。