台風10号 交通影響まとめ(鉄道・空・高速道路)

台風10号 交通影響まとめ(鉄道・空・高速道路)
台風10号の影響で、15日は、山陽新幹線が新大阪~小倉間で終日運休となったほか、国内の空の便が800便以上欠航するなど、お盆の交通機関が大きく乱れています。

一方、山陽新幹線は16日の始発から運転を再開することを決めました。東海道新幹線は16日と17日に臨時列車の運行を予定しています。

各交通機関の主な影響や今後の見通しは次の通りです。

山陽新幹線は16日始発から再開へ 東海道新幹線は臨時列車も

山陽新幹線は新大阪と小倉の間の上下線で、15日、すべての列車が計画運休となり、あわせて311本が運転取りやめとなりました。

また、九州新幹線は、15日は、山陽新幹線との直通運転を取りやめるとともに、本数を減らして運転しています。

さらに東海道新幹線は、15日は、山陽新幹線との直通運転を取りやめるとともに、全体の13%にあたる55本を運休しました。

お盆休みのUターンラッシュと重なったことで多くの利用者に影響が出ました。

JR西日本は、15日夕方、山陽新幹線の16日の運転方針について、16日午前6時台の始発から通常どおり運転を再開することを明らかにしました。

また、15日の運休で新幹線を利用できなかった乗客に対応するため、16日早朝に、博多発と広島発の合わせて2本の臨時列車を追加して運転するとしています。

JR九州は、16日の九州新幹線について、始発から平常通り運転するとしています。

JR東海も、16日の東海道新幹線について、始発から平常どおり運転するとしています。

鉄道各社では最新の運行状況を確認するよう呼びかけています。
(15日午後6時半時点)

近畿地方の在来線

JR西日本は16日も、近畿地方の特急列車、あわせて130本を運休すると発表しました。

台風10号の影響で、15日は、JR西日本の近畿地方を走る特急は192本が運休となっています。

JR西日本は、16日、風や雨が収まった後でも線路への飛来物が予想され、安全確認が必要なことから、あわせて130本の特急列車を運休することにしています。

このうち始発から一部の列車の運転をとりやめるのは
▽大阪・京都と北陸を結ぶ「サンダーバード」が54本
▽名古屋・米原と北陸を結ぶ「しらさぎ」が32本
▽新大阪・大阪と福知山・城崎温泉方面を結ぶ「こうのとり」が27本
▽大阪・姫路と香住・鳥取方面を結ぶ「はまかぜ」が7本
▽京都と山陰方面を結ぶ「きのさき」「はしだて」「まいづる」があわせて4本です。

このほか▽大阪・京都と鳥取・倉吉を結ぶ「スーパーはくと」も始発から6本の運転をとりやめます。

また、特急以外の在来線についても16日の始発から夕方ごろまで一部の区間で運転をとりやめる路線があります。

運転をとりやめるのは
▽北陸線の長浜から敦賀の間
▽琵琶湖線の長浜から米原の間
▽山陽線の網干から上郡の間
▽赤穂線の相生から播州赤穂の間
▽湖西線の近江今津から近江塩津の間
▽草津線の草津から柘植の間
▽宝塚線の宝塚から篠山口の間
▽加古川線の加古川から谷川の間
▽姫新線の姫路から上月の間
▽阪和線の日根野から和歌山の間
▽万葉まほろば線の奈良から高田の間
▽和歌山線の王寺から和歌山の間
▽関西線の加茂から亀山の間です。

このほか本数を減らして運行する路線もあり、JR西日本はホームページで運行状況を確認するよう呼びかけています。
(15日午後8時時点)

北海道の在来線

台風10号が近づく影響で、JR北海道は16日午後から札幌と函館や釧路を結ぶ特急あわせて15本の運休を決めました。
(15日午後8時時点)

四国・中国地方の在来線

JRの在来線は、四国全域と岡山、広島、山口各県のすべての路線で、15日の始発から終日、運転を取りやめています。

近畿の私鉄

関西の主な私鉄と地下鉄は、15日午後2時半現在、おおむね平常どおり運行していますが、南海電鉄は、15日午後から一部の特急列車の運転を取りやめています。

このうち、南海電車のなんば駅と関西空港駅を結ぶ「特急ラピート」は、▽午後0時5分になんば駅を出発する列車、また、▽関西空港駅を午後1時5分に出発する列車を最後に、15日はすべて運休となりました。

▽高野線についても、なんば駅と極楽橋駅の間の「特急こうや」が、午後3時39分に極楽橋駅を出発する列車を最後に運休することになっています。

なんば駅と和歌山方面を結ぶ「特急サザン」などそのほかの列車は、いまのところ平常通り運行する予定だということです。

このほかの関西の主な私鉄と地下鉄は、15日午後2時半現在、おおむね平常どおり運行していますが、鉄道各社は今後、台風の接近に伴って雨や風が強まった場合にほかの路線でも運転を見合わせる可能性があるとして、ホームページなどで最新の情報を確認するよう呼びかけています。
(15日午後2時半時点)

東海地方の在来線など

紀勢本線は、15日正午ごろから終日、亀山駅と和歌山県の新宮駅の間の上下線と、特急「ワイドビュー南紀」の上下あわせて12本を運休し、16日も上下あわせて6本を運休することにしています。

参宮線は15日正午ごろから運休しているほか、名松線は15日は終日全線で運休します。

関西本線は亀山駅と京都府木津川市の加茂駅の間の上下線で15日始発から運休しています。

また、名古屋と北陸方面を結ぶ特急「しらさぎ」は、15日は、上下あわせて11本が運休し、16日もすでに上下線あわせて16本の運休が決まってます。
(15日午後4時時点)

私鉄では、名鉄空港線が常滑駅と中部国際空港駅の間の全線で運転を見合わせています。(15日午後4時時点)

また、三重県の北部を走る三岐鉄道の北勢線は15日午後0時半ごろから全線で運転を見合わせています。(15日午後4時時点)

中国地方の在来線など

中国地方の在来線は、広島、岡山、それに山口県内のすべての路線で終日、運転を取りやめています。

山陰地方でも、山陰本線は▽鳥取と兵庫県の浜坂間で15日午後から順次、▽鳥取と米子間では15日夕方以降、それぞれ運転を取りやめます。

これにともなって、特急列車は、▽岡山と出雲市を結ぶ「やくも」、▽岡山と鳥取を結ぶ「スーパーいなば」、▽京都と鳥取方面を結ぶ「スーパーはくと」、▽新山口と鳥取を結ぶ「スーパーおき」、▽大阪から鳥取に向かう「はまかぜ」は、15日の運転をとりやめています。

▽出雲市と東京を結ぶ寝台特急「サンライズ出雲」も運休します。

また、▽広島市周辺に路線のある広島電鉄は15日始発から、▽松江市と出雲市を結ぶ一畑電車は、15日午後3時以降、すべての列車の運転を取りやめます。

鉄道各社はホームページなどで最新の情報を確認してほしいと話しています。(15日午後2時時点)

九州の在来線

JR九州の特急列車ではほとんどの列車で15日は終日運休となりました。

15日、終日運休となったのは
▽小倉と宮崎空港を結ぶ「にちりん」
▽博多と宮崎空港を結ぶ「にちりんシーガイア」
▽延岡と宮崎空港を結ぶ「ひゅうが」
▽宮崎と鹿児島中央を結ぶ「きりしま」です。

博多から佐伯を結ぶ「ソニック」は大分と佐伯の間で運転を見合わせているほか、博多と長崎を結ぶ「かもめ」は一部の便で運休となっています。

また、いわゆる観光列車はすべての列車で終日運休となっています。

終日運休の観光列車は、
▽ゆふいんの森 ▽ゆふ ▽あそぼーい! ▽SL人吉 ▽かわせみやませみ ▽いさぶろう・しんぺい ▽はやとの風 ▽指宿のたまて箱 ▽海幸山幸です。

15日午後4時の時点で、JR九州の在来線で運転を見合わせているのは
▽鹿児島本線の鹿児島中央と鹿児島の間
▽山陽本線は下関と門司の間
▽日豊本線は大分と延岡の間、西都城と鹿児島の間
▽豊肥本線は阿蘇と大分の間
▽久大本線は日田と大分の間
▽日南線は南宮崎と志布志の間
▽指宿枕崎線は喜入と枕崎の間
▽肥薩線は八代と隼人の間
▽吉都線は都城と吉松の間のいずれも上下線となっています。
(15日午後4時時点)

在来線ではこのほかにも一部の区間で本数を減らしての運転が予定されるなど、影響が出ています。

空の便

台風10号の影響で、15日の国内の空の便は、午後7時現在、813便で欠航したり、欠航が決まったりしています。

一方、16日の見通しについて航空各社は、午前中を中心に一部の便で欠航を決めているほか、台風の進路によっては東北や北陸などを発着する便に影響がでるおそれがあるということです

15日に欠航となったのは、羽田と西日本の各地を結ぶ便を中心に
▼全日空が286便
▼日本航空が196便
▼スカイマークが79便
▼ジェットスターが52便
▼フジドリームエアラインズが52便
▼日本エアコミューターが37便
▼ピーチ・アビエーションが36便
▼ソラシドエアが24便
▼スターフライヤーが19便
▼日本トランスオーシャン航空が13便
▼エアアジア・ジャパンが9便
▼エア・ドゥが8便
▼春秋航空日本が2便となっています。

これまでに九州と東京を結ぶ便を中心に順次運航を再開していますが、航空各社は引き続き台風の影響が出るおそれがあるとしています。

一方、16日の見通しについて航空各社は、▼機材繰りの影響で午前中を中心に一部の便で欠航を決めているところがあるほか、▼台風の進路によっては北陸や山陰を発着する便などを中心に条件付きの運航になるおそれがあるということで、最新の情報を確認するよう呼びかけています。
(15日午後7時時点)

高速道路

高速道路各社によりますと、西日本では、台風のために通行止めとなっている道路があります。

通行止めとなっているのは、大分県では大分自動車道と東九州自動車道の一部の上下線。

また、本州と四国を結ぶ3つのルートのうち、▽岡山県と香川県を結ぶ瀬戸中央自動車道の通行止めが解除された一方、▽兵庫県の淡路島と徳島県を結ぶ神戸淡路鳴門自動車道は一部区間の上下線で現在も通行止めとなっています。

さらに関西空港の連絡橋の道路部分が15日午後6時から通行止めになりました。

今後も雨や風の影響で一部の高速道路などが通行止めとなる可能性があります。高速道路各社では、最新の情報をホームページなどで確認するよう呼びかけています。(15日午後7時時点)

長距離フェリーなど

台風10号の影響で、九州や四国、北海道などを発着する長距離のフェリーは、16日にかけて欠航が相次いでいます。

また、台風10号は16日以降、北海道に接近する見通しで、フェリー各社は、北海道と本州を結ぶ航路でも欠航が増えるおそれがあるとしていて、ホームページなどで最新の運航状況を確認してほしいとしています。
(15日午後1時時点)

「東京湾フェリー」は、台風によって海上のうねりが大きくなっている影響で、▽金谷発が15日午後3時20分の便から、▽久里浜発が午後2時20分の便から、それぞれ運航を見合わせることを決めました。
(15日午後1時時点)