「世界3大テノール」ドミンゴ氏にセクハラ疑惑 歌劇団調査へ

世界的なオペラ歌手のプラシド・ドミンゴ氏から9人の女性がかつてセクハラの被害を受けていたと報じられ、ドミンゴ氏が総監督を務める歌劇団は調査に乗り出すことを明らかにしました。
アメリカの通信社、AP通信は13日、「世界3大テノール」の1人で、スペイン出身の78歳のオペラ歌手、プラシド・ドミンゴ氏から1980年代後半以降、9人の女性がセクハラの被害を受けたことを相次いで訴え出たと報じました。

このうち、ドミンゴ氏が現在、総監督を務める歌劇団「ロサンゼルス・オペラ」で当時20代の歌手だった女性は、ドミンゴ氏から「指導をするから部屋に来ないか」などと執ように誘われ、1991年には断ることができなくなり、性的関係を強要されたと訴えています。

これに対してドミンゴ氏は声明で「誰かを不快にさせていたなら胸が痛むが、30年前までさかのぼる匿名の主張は正確ではない。すべての交流は同意を得たものだったと信じている」などと反論しました。

一方、「ロサンゼルス・オペラ」はNHKの取材に対して、第三者による調査で事実関係の解明に乗り出すことを明らかにしました。

セクハラや性暴力を告発する「#MeToo」運動は、アメリカをはじめ世界各地で広がっていて、オペラ界の巨匠をめぐる調査の行方は大きく注目されることになります。