台風10号 四国を発着するフェリーで欠航相次ぐ

台風10号 四国を発着するフェリーで欠航相次ぐ
四国を発着する交通機関に台風10号による影響が出ています。
14日と15日、全便の欠航が決まっているのは、「宇和島運輸フェリー」の愛媛県の八幡浜港と大分県別府港を結ぶ航路と八幡浜港と大分県臼杵港を結ぶ航路。

「九四オレンジフェリー」の八幡浜港と臼杵港を結ぶ航路。

「国道九四フェリー」の愛媛県伊方町の三崎と大分県の佐賀関を結ぶ航路。

「四国オレンジフェリー」も大阪港発、愛媛県の東予港行きが14日と15日、欠航します。

神戸港発、愛媛県の新居浜行きは、今月18日まで船体の整備のため運休です。

「松山・小倉フェリー」も14日の松山観光港発と小倉港発、いずれも欠航が決まっています。

また、徳島港と和歌山港を結ぶ南海フェリーも14日、午前8時に徳島港を出発する便から最終便までの6往復12便と15日は終日の欠航が決まっています。

各社ではホームページなどで最新の情報を確認してほしいとしています。