東京株式市場 株価値下がり

東京株式市場 株価値下がり
連休明けの13日の東京株式市場、株価は値下がりしました。
日経平均株価、13日の終値は、先週末より229円38銭安い2万455円44銭、東証株価指数=トピックスは、17.27下がって1486.57、1日の出来高は12億8249万株でした。

市場関係者は「米中の貿易交渉の長期化で世界経済の先行きに対する懸念が一段と広がって、日経平均株価は、一時、300円を超える値下がりとなった。取り引き時間中は、円相場が1ドル=105円台にとどまったことで、売り注文に拍車がかかる展開にはならなかったが、香港で続く抗議活動など懸念材料も多く、買い戻しの動きは弱かった」と話しています。