「雨量1000ミリ超も 早めの避難 安全確保を」気象庁が会見

「雨量1000ミリ超も 早めの避難 安全確保を」気象庁が会見
k10012033361_201908131426_201908131433.mp4
台風10号について、気象庁の黒良龍太主任予報官は13日午後、記者会見を開き、今後の見通しや警戒すべきポイントについて説明しました。

15日ごろ西日本上陸のおそれ

今後の見通しについて黒良主任予報官は、「14日から15日にかけて暴風域を伴って西日本に接近・上陸するおそれがある。超大型のため西日本と東日本の広い範囲で大雨、暴風、高潮の災害のおそれがある。お盆の時期でもあり身を守る行動を早めにとって欲しい」と話しました。

雨量1000ミリ超も / ふだん雨少ない瀬戸内なども警戒

今後の暴風や大雨などの見通しについては、「九州や四国を中心に猛烈な風が吹き、海上は猛烈なしけとなるおそれがある。台風の接近前から紀伊半島や四国の太平洋側は南東斜面を中心に激しい雨が降り、降り始めからの雨量が多いところで1000ミリを超える大雨となるおそれがある。ふだん雨の少ない瀬戸内地方などでも大雨となる見込みだ」と述べました。

命を守るため早めの避難を

警戒が必要なポイントについては、「西日本を中心に、大雨による土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫、暴風、高波、高潮に厳重に警戒して欲しい。自分の命、大切な人の命を守るために、市町村の避難勧告などに従って早め早めの避難、安全確保をお願いしたい」と呼びかけました。

特別警報を待たず避難を

大雨の特別警報が発表される可能性については、黒良主任予報官は「ゼロではない」としたうえで、「特別警報が発表された段階ではすでに災害が発生している可能性が高く、避難を始めるには遅すぎる。特別警報の有無に関わらず早め早めの避難を心がけて欲しい」と呼びかけました。