香港株 下落 米中貿易摩擦に加え市民の抗議活動が影響

香港株 下落 米中貿易摩擦に加え市民の抗議活動が影響
k10012033251_201908131210_201908131210.mp4
13日の香港の株式市場は、米中の貿易摩擦に加えて激しさを増す抗議活動が経済に及ぼす影響への懸念から売り注文が広がり、株価は値下がりしています。
香港国際空港での抗議活動をめぐる混乱や米中の貿易摩擦への懸念から、13日の香港市場では、代表的な株価指数の「ハンセン指数」が取引開始直後から値下がりし、日本時間の午前11時半時点では12日の終値と比べて、およそ1.2%下落しています。

市場関係者は「米中の貿易摩擦に加えて、条例の改正案をめぐる市民の抗議活動で香港国際空港で大量の欠航便が出るなど混乱が広がっていることで経済にもたらす悪影響への懸念も強まっている」と話しています。

また、ほかのアジアの株式市場でも米中の貿易摩擦への懸念から各地で株価が値下がりし、前の取引日の終値と比べて、シンガポールでおよそ0.8%下落しているほか、韓国と台湾でおよそ0.6%値下がりしています。