海水浴中に流され行方不明の男性2人 捜索続く 千葉 館山

海水浴中に流され行方不明の男性2人 捜索続く 千葉 館山
12日、千葉県館山市の海岸で海水浴をしていた2人が沖合に流されて行方不明になり、海上保安部は13日も引き続き巡視船とヘリコプターを出して捜索しています。
12日午前6時すぎ、千葉県館山市の布良海岸で海水浴をしていた男性5人が沖合に流され、このうち3人は自力で岸に戻りましたが、いずれも県内に住む19歳の大学生と18歳の会社員の行方が分からなくなりました。

海上保安部は13日朝から巡視船やヘリコプターを出して2人を捜索していますが、今のところ見つかっていません。

海上保安部によりますと、5人は高校時代からの友人で、12日の早朝から海水浴をしていたということです。

現場は房総半島の南端に近い海岸で、館山市によりますと、海岸から沖に向かって潮が速く流れる「離岸流」が発生しやすく、沖にかけ海底が急に深くなることから、現場は遊泳禁止となっていたということです。