米オハイオ州銃乱射事件 銃弾入り弾倉購入か 容疑者の友人逮捕

米オハイオ州銃乱射事件 銃弾入り弾倉購入か 容疑者の友人逮捕
アメリカ中西部のオハイオ州で今月4日、男が銃を乱射して9人が死亡した事件で、捜査当局は、男の友人が銃器の販売業者に薬物を使用したことがないとうそをついて100発の銃弾が入った弾倉などを購入し男に渡していたとして、銃規制法違反の疑いで逮捕しました。
アメリカ中西部オハイオ州デイトンで今月4日未明、街なかで男が銃を乱射して9人が死亡、16人がけがをし、容疑者の男は警察官との撃ち合いの末、その場で死亡しました。

この事件で捜査当局は、12日、容疑者の友人で24歳の男が銃器の販売業者に薬物を使用したことがないとうそをついたうえで、100発の銃弾が入った弾倉や銃の部品を購入し容疑者に渡していたとして、銃規制法違反の疑いで逮捕しました。

捜査当局によりますと、24歳の男は事件の計画については知らされていなかったということです。

アメリカでは、この事件のおよそ13時間前に南部テキサス州の大型小売店で22人が犠牲となる銃の乱射事件が起きていて、銃の規制をめぐる議論が活発に行われています。