超大型台風10号接近 総雨量1000ミリ超のおそれも 早めの備えを

超大型台風10号接近 総雨量1000ミリ超のおそれも 早めの備えを
超大型の台風10号は、暴風域を伴ったまま西日本に向かって北上し、15日ごろに上陸するおそれがあります。台風が接近する前の14日から、猛烈な雨や風、しけが予想され、多いところでは降り始めからの雨量が1000ミリを超える大雨になる見込みです。早めの備えを心がけてください。
気象庁によりますと、超大型の台風10号は午後9時には鹿児島県の種子島の南東420キロの海上を、暴風域を伴って1時間に15キロの速さで北西へ進んでいます。

台風は暴風域を伴ったまま西日本に向かって北上し、15日には四国や九州に上陸するおそれがあります。

台風による湿った空気の影響で、14日と15日は、西日本と東日本の太平洋側を中心に非常に激しい雨が降り、台風周辺の発達した雨雲がかかる地域では、局地的に1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降る見込みです。

14日夕方までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで▽東海で300ミリ、▽近畿と四国、九州北部と南部で250ミリ、▽沖縄地方で150ミリ、▽奄美地方で120ミリと予想されています。

その後、15日夕方までの24時間には、▽四国で800ミリから1000ミリ、▽東海と近畿で400ミリから600ミリ、▽九州北部で300ミリから400ミリ、▽九州南部と中国地方で200ミリから300ミリ、▽関東甲信で100ミリから150ミリの雨が降る見込みです。

台風が通過したあとも湿った空気が流れ込んで雨が降り続き、多いところで降り始めからの雨量が1000ミリを超える大雨になる見込みです。

14日は西日本の太平洋側を中心に風速20メートル以上の非常に強い風が吹く見通しで、特に九州南部では、最大風速が30メートル、最大瞬間風速が45メートルと猛烈な風が予想されています。

海上は東日本と西日本の広い範囲で大しけとなり、四国では14日にかけての波の高さが10メートルと、猛烈なしけが予想されています。

お盆休みの期間中に大荒れの天気となる見込みで、暴風や高波、高潮に加え、雨量が多い地域では土砂災害や浸水、川の氾濫の危険性が非常に高まるおそれがあります。

気象庁は最新の台風情報を確認し、早めに備えを進めるよう呼びかけています。

政府 情報連絡室を設置

政府は超大型の台風10号が西日本に接近し、上陸するおそれがあることを受けて、13日午前10時、総理大臣官邸の危機管理センターに「情報連絡室」を設置し、情報収集と警戒にあたっています。